アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点

アジア各国の経済成長と都市化が進み、災害の影響が国境を越えて多くの国に及ぶようになっています。 また、被災地の住民の国際化や高齢化といった新たな課題も生じています。

このような課題に対応するため、アジア規模での防災コミュニティの形成が急務です。一方で、防災・減災実践の経験とその蓄積は国ごとに異なっています。
これらの課題を解決するため、研究拠点形成事業「アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点」では、各国の文化・歴史・社会の事情を踏まえて

個々の防災実践を他地域に理解と実践が可能な形で翻訳・共有できる人材育成と、それらの人材を結ぶ多国間枠組のネットワーク形成を目指して、拠点機関を通じた研究交流を進めます。